スキップしてメイン コンテンツに移動

日本で未配信の「権力と紛争」の始め方

この記事では権力と紛争というゲームの始め方について解説します。
公式には、まだ日本では配信されていませんが、日本でも利用できる方法があるのでその方法を紹介します。

権力と紛争のApkファイルをダウンロードする

Apk Mirrorからダウンロードしてください。
このサイトは有名なAndroid Policeというメディアが運営してるらしく、安全だと思います
👇👇👇👇👇👇👇👇👇

ダウンロードしたApkファイルをインストールする

「設定」>「アプリケーション」>「開発元不明のアプリ」にチェックを入れます。
ダウンロードしたApkファイルを開いてインストールします。

システム設定を英語にする

「設定」>「言語と入力」からシステム言語を英語に変更します。

権力と紛争を起動してアカウントを作成する

アカウントの作成を完了してください。
完了した後はシステム設定を日本語に戻しても大丈夫です。
権力と紛争内でも設定から言語を日本語にして構いません。

このブログの人気の投稿

UnityのMobile Notification Packageの使い方

ランタイムAPIは、 AndroidNotificationCenter と iOSNotificationCenter の二つに分割されています(コードのサンプルのための適切なセクションを参照してください)。それぞれのプラットフォームの通知をスケジュールや管理することができます。 同じAPIを使用してAndroidとiOSの両方に通知を送信できるようにする、高レベルのラッパーを実装したサンプルプロジェクトが、 GitHubページにあります 。 サポートされている機能: 繰り返し可能なローカル通知または1回限りの通知をスケジュールします。 スケジュールされた通知またはすでに表示されている通知をキャンセル アンドロイド: Android Oreo以上で通知チャンネル(カテゴリ)を作成および変更します。 通知は、デバイスの再起動時に保存することができます カスタム通知アイコンを設定します。 iOS: Apple Push Notification Service(APN)を使ってリモート通知を受信します。 アプリの実行中に通知を受信した場合は、リモート通知の内容を変更します。 通知をスレッドにグループ化する(iOS 12以降でのみサポート) 必要条件 Android 4.1(API 16)/ iOS 10以上をサポートしています。 Unity 2018.3以降と互換性があります。   アンドロイド 通知チャンネルを作成する。 すべてのローカル通知は通知チャンネルに属します。通知チャンネルは、Oreo(8.0)以降のAndroidでのみサポートされています。 古いバージョンでパッケージを使用すると、チャンネルの振る舞いはエミュレートされます。 そのため、8.0より前の各通知に対して個別に設定された設定(priority( Importance )など)は、8.0より前のバージョンでもチャンネルに設定される必要があります。 var c = new AndroidNotificationChannel() { Id = "channel_id" , Name = "Default Channel" , Importance = Impor

PokeGo++ 2.0r-92a(IPA版)がリリース

PokeGo++2.0r-92a(IPA版)がリリースされました。 このアプリは、Pokemon GOで位置偽装をするためのアプリです。個体値表示などの便利機能も搭載されています。